読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しめじのもの

モノのブログ

ソフトシリコン耳栓のお陰で耳栓ライフが捗っている

職場での集中作業時、睡眠時など周囲のノイズを抑えるために役に立つ耳栓

一般的に耳栓といえばウレタンフォーム製で、押しつぶしてから耳の穴に挿入して
膨らむときに耳の中にフィットさせるタイプが多い

こういうの↓

このタイプは遮音性に優れ、装着も簡単、単価も安く使い捨てができるので衛生的、と何かとメリットが多いが、大きな欠点がある。
とにかく耳が疲れる点だ。

フォームが膨らもうとする復元力で耳に密着させるために、どうしても耳の内側から圧力がかかるし、
耳の奥までガッツリ挿入するので強い違和感がある。
個人差や慣れはあるだろうが、自分は今まで1時間つけ続けることでも結構苦痛だった。
集中するために耳栓をつけているのに、耳栓で集中をそがれていては本末転倒である。

ウレタンフォーム以外のタイプでは「三段きのこ」などとよばれるフランジタイプもあるが、
耳の奥に突っ込むせいで耳がつかれるのは変わらなかった。

MOLDEX 高性能耳栓 ロケッツ6485 1ペア

MOLDEX 高性能耳栓 ロケッツ6485 1ペア


そんな折にみつけたのがソフトシリコン製の耳栓だった。

Macks Pillow Soft シリコン耳栓 6ペア

Macks Pillow Soft シリコン耳栓 6ペア

形状はコンビニに売ってる白玉ぜんざいの白玉のよう。
手触り感触もまるで粘土や白玉。グニグニとしていて形状を自在に作り変えられる。
この耳栓が革命的なのは、耳の奥に差し込まない点。
耳の入り口を粘土で埋めるような感覚で装着し、奥まで押し込んだりしない。
そのため、耳の奥の異物感がなく、内側から押し広げられる感触もないため、とにかく疲れない
作業が何時間に及ぼうと耳に負担がかからないのは最大のメリット。
耳孔の置くまで差し込むタイプの耳栓と比べると若干遮音性は劣るが、目的を果たすためには十分な機能を持っている。

問題は若干汚れやすいこと。上述の通り、粘土質なので、耳垢やほこりを結構巻き込んでしまう。
個々人の耳垢のタイプにもよるだろうが1〜2週間使うとかなり無残な状態になってしまうので、
衛生を考えるとほどほどの周期で取り替える必要がある。必然的にランニングコストはやや高くつく。


耳の奥に差し込むタイプの耳栓が苦痛で利用を断念している人にとっては一度試す価値がある代物だと思う。